「IP-NEWS」では、知財関連ニュースをタイムリーに紹介していきます

大幸薬品、ひょうたんマーク「正露丸」販売の和泉薬品を提訴
訴訟】発信:2005/11/26(土)  

  ラッパのマークの「正露丸」を製造・販売する大幸薬品(株)は11月24日、不正競争防止法および商標法に基づき、和泉薬品工業(株)に対して「止瀉薬 イヅミ正露丸」の製造販売の差止と約6400万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴したと発表した。

  和泉薬品の「止瀉薬 イヅミ正露丸」は外箱がオレンジ色で、大きさ、デザインが大幸薬品の製品に似ており、ラッパのマークの位置にひょうたんのマークがある。

  大幸薬品は、顧客が、同社の「正露丸」と成分・分量の異なる医薬品を誤認混同し購入・服用するおそれを防止するため提訴したとしており、誤認混同した顧客から、同社のお客様相談係への相談もあり、医薬品メーカーとして看過できないものと判断したとしている。

  「正露丸」は、日露戦争時に兵士用の薬として作られた「征露丸」が、戦後、文字を変更し「正露丸」となったもの。大幸薬品は1954年、「正露丸」の丸薬を指定商品とする商標登録を認められたが、これを不服とする和泉薬品などが商標登録取り消し求め、最高裁まで争われた結果、一般名称と認められ、75年に登録無効となった。



【訴訟】ジャンルの最新記事

関連記事

powered by weblio




【特許事務所、知的財産部に転職してキャリアUPしよう!】 「知財キャリア」:株式会社ブライナ運営

知財情報局知財キャリアまたは情報提供各社による記事の無断転用を禁じます。

IP-NEWS

広告掲載募集中

お知らせ

知財情報局が全面リニューアルしました(2010/7/19)

>このページのトップへ