「IP-NEWS」では、知財関連ニュースをタイムリーに紹介していきます


【知財情報局】満了のお知らせ
2002年の開設依頼、約15年間運営させていただいた【知財情報局】は2016年末をもって更新を終了いたします。【知財情報局】は、『知的財産』という言葉すら普及していない2002年に、その啓発目的でスタートした情報サイトです。2016年の現在、『知的財産』という言葉はとても一般的となり、中小企業やベンチャー企業にとっても、当然のように戦略的に知財活動に取り組まれる環境になりました。知的財産に関する情報もインターネットの普及で比較的容易に収集できるようにになりました。従いまして、【知財情報局】も設立目的である啓発活動に関して一定の役割を全うできたと判断し、無事に満了とさせていただきます。
設立当初の予想を超え、ユーザー数2万/1日平均4万ページビューの情報サイトとなり、多くの方々に支えられました。これまでの多くの方のご支援に改めて感謝申し上げます。この感謝の気持ちをエネルギーとし、これからも形を変えて更にお役にたてるよう、私どもも様々な活動を実行させていただきます。/株式会社ブライナ

特許庁、来年度知財政策関連概算要求は今年度と同じ1228億円
動向】発信:2008/09/01(月)  

  特許庁は9月1日、平成21年度(2009年度)の知的財産政策関連の概算要求額を公表した。(T)世界最高水準の迅速・的確な特許審査の実現、(U)グローバルな権利取得の促進と模倣品対策の強化(V)地域・中小企業の知的財産活用に対する支援、(W)イノベーションの促進及び知的創造サイクル活性化のための環境整備、を掲げて前年と同じ概算要求額1228億円を提示している。

T.世界最高水準の迅速・的確な特許審査の実現 636.5億円(654.1億円)
  昨年度に引き続いて、登録調査機関の増大による外注件数の拡大、対話型報告の拡大をはかる「先行技術調査外注の強化…203.5億円(188.7億円)」や、できるだけオープンでシームレスに検索できる環境を整備する「新検索システムの開発 9.5億円( 7.0億円)」、スーパー早期審査の導入などの「早期審査制度の拡充 0.90億円( 0.5億円)」などの増額もあるが、設計・開発スケジュールの遅れによる国庫債務負担行為の延長(5→6年)等に伴って一時的に減少する「業務・システムの最適化 15.3億円(61.0億円)」や、500人任期付審査官を増員の5年計画終了などで、総額では14.6億円の減額となっている。

U.グローバルな権利取得の促進と模倣品対策の強化 26.6億円(26.6億円)
  特許審査ハイウェイ対象拡大に向けた取組や、先進国間での国際的な制度調和の推進、途上国に対する協力推進や支援などの「知的財産制度の国際調和と協力の推進 11.3億円(11.3億円)や、発展途上国の職員、機関等の能力向上支援や、アジア進出企業への相談事業・情報提供、模倣品対策キャンペーンなどの「アジア等での知的財産保護と模倣品対策の強化 15.3億円(15.4億円)」などで、ほぼ昨年度と同様の項目、要求額となっている。

V.地域・中小企業の知的財産活用に対する支援 31.7億円(31.6億円)
  この関連も「相談・コンサルティング事業」、「出願支援事業」、「地域知的財産戦略推進事業」などで、ほぼ昨年度並みの要求額だが、地域中小企業に対して一定期間集中的に知的財産の専門家等を派遣し、コンサルティング事業を実施する中小企業支援センターの活動への助成を行う「地域中小企業知的財産戦略支援事業 3.5億円」などが新規事業となっている。

W.イノベーションの促進及び知的創造サイクル活性化のための環境整備
  139.5億円(142.3億円)
  「知的財産権情報の提供とオープン・イノベーション促進の環境整備」、「新検索システムの開発 9.5億円( 7.0億円)(Tと同じで再掲)」、「 知的財産戦略情報の提供 0.2億円(新規)」などで、昨年度より若干の減額となっている。

【詳細】平成21年度知的財産政策関係概算要求の概要



【動向】ジャンルの最新記事

関連記事

powered by weblio




【特許事務所、知的財産部に転職してキャリアUPしよう!】 「知財キャリア」:株式会社ブライナ運営

知財情報局知財キャリアまたは情報提供各社による記事の無断転用を禁じます。

>このページのトップへ