「IP-NEWS」では、知財関連ニュースをタイムリーに紹介していきます

サムスン電子、米国でアップルを再提訴、標準必須特許侵害も主張
訴訟】発信:2012/04/20(金)  

  韓国サムスン電子が、米アップルを特許侵害で、カリフォルニア北部連邦地裁に再び提訴したことが、4月18日に明らかになった。アップルは2月に、サムスン電子のスマートフォン新製品 Galaxy Nexusの販売差止めを求める特許侵害訴訟を、同地裁に提起しており、その反訴となる。

  ただし、今回の提訴は、同地裁で、両社のCEOが出席して和解協議に入ることが合意されたと報じられた直後であり、その影響が注目される。

  サムスン電子は、アップルのiPhoneやiPadに加え、iPod、Mac、Apple TV、iCloud、iTunesといった幅広い製品・サービスについて、自社の8件の特許が侵害されたと主張。8件のうち3件は日立製作所などから購入した特許で、また自社出願の5件のうち2件は標準必須特許であるという。

  サムスン電子は、標準必須特許に関して、EUのEC(欧州委員会)から、侵害製品の差止め訴訟提起などが、標準必須特許のFRAND(公平、妥当、非差別的な)ライセンス条件に反し、EU競争法(独占禁止法)に違反の疑いがあるとして調査を開始されている。その点から、今回の特許侵害提訴に、標準必須特許が含まれていることの影響も注目される。



【訴訟】ジャンルの最新記事

関連記事

powered by weblio




【特許事務所、知的財産部に転職してキャリアUPしよう!】 「知財キャリア」:株式会社ブライナ運営

知財情報局知財キャリアまたは情報提供各社による記事の無断転用を禁じます。

IP-NEWS

広告掲載募集中

お知らせ

知財情報局が全面リニューアルしました(2010/7/19)

>このページのトップへ